YouTube DIY動画での失敗体験

ヘッドライ磨きDIY失敗

先ず大前提として、プロアマ問わずに多くのヘッドライト復元方法が紹介されていますが、理想とおり(動画のとおり)の仕上がりに近づけるのは至難です。

時間・体力・費用対効果でみれば専門家への依頼がコスパ断トツGOODです。とにかく自分で、DIYで何でもやりたい派の以外の方へは強く強くおすすめしません。後悔と絶望感を味わう可能性が極めて高いです

最短ルートは当店へご相談頂くこと

不安や難易度をあおる宣伝広告ではありませんが、予算的、仕上がり的に見てもヘッドライト復元は専門店に任せた方が間違いありません。

  • DIYで満足できる結果が得られなかった方、どうせ専門店に任せても大差ないだろう?は一旦伏せて騙されたと思ってまずはご相談ください。
  • これからDIY挑戦をお考えで予算重視の方、何もせずに今すぐご相談ください。それが一番の予算削減になります。
  • これからDIY挑戦をお考えでとりあえず自分でやってみたい方、上手くいかなっかたらご遠慮なく相談ください。自分で何かする前に持って来くるべきとは言いません。

DIY は難しい

人の目ではなく画面の映像

DIYでヘッドライトを磨いた経験がある方なら、正面から見ると黄ばみがなくなった!と思っても、斜めから見ると「あ゛っえ゛っ!まだ黄色!変わってない?」と一瞬で絶望的な気持ちになった経験があるかもしれません。
動画も同様で、よりきれいに見れる角度や解像度、光源、光量次第で見え方は全くの別物になります。

私たち一応の専門家からみると「ありえない!」と言わざるを得ない施工方法~成功映像もゼロではありません。

コンパウンドの限界

コンパウンド + ウエス(布)の施工は、黄ばみを少しだけ薄くして、多少のざらつき感を除去するまでが限界です。
市販「ヘッドライト復元キット」の研磨剤でこするタイプや「ピカール施工」も同様です。

内部に発生したクラック除去は到底無理ですし、純正ライトに施工されているコート剤(欧州車であれば更に強固な硬質コート剤)は、多少劣化したとしても容易に落とせるような粗悪品では困ってしまいます。

電動工具のリスク

ポリッシャーパッド(サンダー)に、何を装着してどのように施工するかにもよって大きく異なりますが、機械熱によるレンズへのダメージ(回転傷、こすり傷、溶け等)リスクがあります。
シングルアクションポリッシャーは失敗リスクが高い為、ダブルアクションポリッシャーをおすすめする動画もありますが、その分洗浄力(研磨力)の見劣りは確実です。

パッドはウレタン?ウール?紙やすり?コンパウンドは?洗浄ケミカルは?など、DIYでヘッドライトの状況に応じた選別の正解を導き出すのは難しいのではないでしょうか。

磨きを本職としない業者(中古車販売店)様などが、納車前・展示前の美観目的でレンズを磨き、細かな機械傷をたくさん残してしまうのは決して珍しくありません。一目ではきれいになりますし、夜間ライトを点灯しなければ分からない小傷は、日中の納車では気が付きません。
中古車販売店のような自動車関連業者さんであっても、ヘッドライトを綺麗に仕上げるのは簡単ではありません。

ヘッドライトスチーマーは?

先ず第一に、ヘッドライトスチーマーの役目としては「一定程度の傷を溶かして埋める」ことにあります。
間違っても万能汚れ落としや、傷落としではありません。

スチーマー効果を最大限に発揮させるためには、レンズ全体に対して、スチーマーによって埋めることのできる一定程度の傷を均等に作り出すことです。
深すぎも浅すぎもダメです。スチーマーで溶かせる程度の傷を均等に作り出すことは容易ではありません。

一番の失敗談はスチーム機をレンズに当ててしまうことのようです。蒸気吐出口は超高温になっており、少し触れるだけでもレンズに深い傷、へこみができてしまいます。
垂直面、平行面など形のいびつなレンズに対して、常に一定距離(10mm程度)を保ち、ゆっくりと移動させるのは考えるだけでも気がめいってしまいそうです。

紙やすりは体力勝負

紙やすり(耐水ペーパー含)による施工もたくさん紹介されています。

力まかせは厳禁、ひたすらに、均等に、前の番手傷を確実に消しつつ、使用番手以上の深い傷を絶対につけないの繰り返し、まさに体力勝負!翌日の筋肉痛は必至ですね。
ポリッシャーやサンダーを用いる手段もありますが、前述のとおり機械傷リスクは低くありませんのでDIYでは手磨きが最も安全といえそうです。

一番大変な施工ですが、ミスなくしっかりと行えば、黄ばみや小傷の除去を目的とした場合のDIYにおいては最も理想的な結果を得ることができるかもしれません。

塗布だけケミカル

塗ってふき取るだけで、黄ばみや小傷がなくなり、ピカピカツルツルなってしまえば私ども専門職は生存できません。

相談無料 & 押売りあり得ません

不安や難易度をあおる宣伝広告ではありませんが、予算的、仕上がり的に見てもヘッドライト復元は専門店に任せた方が間違いありません。

  • DIYで満足できる結果が得られなかった方、どうせ専門店に任せても大差ないだろう?は一旦伏せて騙されたと思ってまずはご相談ください。
  • これからDIY挑戦をお考えで予算重視の方、何もせずに今すぐご相談ください。それが一番の予算削減になります。
  • これからDIY挑戦をお考えでとりあえず自分でやってみたい方、上手くいかなっかたらご遠慮なく相談ください。自分で何かする前に持って来くるべきとは言いません。

ペッドライトを綺麗にしたいと思ったら、どうぞお気軽にご相談ください。
メール、LINEでの画像送信も大丈夫です。

施工写真を見る
ヘッドライト超透明感復元
ヘッドライト超復元 詳細