バッテリーあがり、他車からのブースターケーブルによる救援手引き

救援の手順

最終的には「マイナス同士、プラス同士」が接続されていれば良いのですが、万が一のショート事故などを一番防ぎやすい順番は次のとおりです。

つなぐ時もはずす時も「故障車→救援車→救援車→故障車」故障車から始め、故障車で終わります。
つなぐ時とはずす時の順番は反対(逆)です。

  1. 故障車と救援車両方のエンジンOFF
  2. 赤ケーブルを故障車の+端子へ
  3. 赤ケーブルを救援車の+端子へ
  4. 黒ケーブルを救援車の-端子へ
  5. 黒ケーブルを故障車の-端子へ(※)
  6. 救援車のエンジンONで30秒ほど待機
  7. 故障車のエンジンON
  8. 7.で始動しなければ救援車のアクセルを少し踏み込んでみる
  9. 故障車のエンジンはOFFにせずに、次の順番でケーブルを外す
  10. 黒ケーブルを故障車の-端子から外す
  11. 黒ケーブルを救援車の-端子から外す
  12. 赤ケーブルを救援車の+端子から外す
  13. 赤ケーブルを故障車の+端子から外す

※ いわゆるアース接続になります。本来は救援車の「塗装のされていない剥き出し金属部分」への接続が望ましいですが、正確に自信がない時は救援車のマイナス端子への接続でも大丈夫です。多少火花が飛び散るかもしれませんがそが正常なので大丈夫です。車の取説にアース接続箇所の記載があれば自信を持ってアース接続を行いましょう。

ブースターケーブルは全部同じではありません

A(アンペア)の違いにより、ケーブル自体の太さと重さが異なり、耐えうる電流容量に違いがあります。ケーブル本体や商品パッケージの記載を必ず確認しましょう。

50A以下 軽自動車、400ccまでのバイク
80A 2500㏄くらいまでの乗用車、大型のバイク
100A 大排気量の乗用車、ディーゼル車、2tトラック
120A以上 大型トラック、トレーラー

ケーブルも「大は小を兼ねる」
トラック用(120A)ケーブルで軽自動車レベルの電流を流すことは問題ありませんが、軽自動車用(50A)ケーブルでトラック電流を流してはいけません。ケーブルの発熱、発火、大事故につながり兼ねません。

始動後にすぐエンジンOFFは禁止

救援された自動車(バッテリー)は最低でも1時間はドライブをしましょう。駐車してのアイドリングや過密渋滞によるほぼアイドリング状態ではなく、しっかりと走行することでバッテリーを充電してあげる必要があります。

バッテリー上がりにも原因は様々ですが、バッテリーの劣化が原因の場合は、またすぐにバッテリー上がりを繰返してしまう可能性がとても高いです。救援後はなるべく早く専門店(ディーラー、整備工場等)で点検してもらいましょう。カー用品店、ガソリンスタンドで「バッテリーが上がってしまって・・。」と言えば、高確率でバッテリー交換をあおられるので覚悟しましょう(悪口ではありません)

シートカバー出張取付
車内徹底クリーニングとオゾン脱臭
カーエアコンクリーニングBOSCHAVS751完備
ヘッドライトリファイン正規施工店
シートカバー出張取付
カーエアコンクリーニングBOSCHAVS751完備